放生会はじき2016箱詰め

0



    少し前なのですが、今年も筥崎宮でおはじきの箱詰め作業がありました。




    今年のおはじき、テーマは和食ですね。









    数が数だけに手の込んだ彩色を行った方にはスゲェという他ないです…






    このおはじき、僕も所属しています白彫会の会員が一人一種類を担当して作っています。





    なのでそれぞれ個性が出て面白いんですね








    おはじきと言えば、よく聞かれるのが




    「コレって弾いて遊べるんですか?」




    というもの。





    単刀直入に答えますと、答えはNO



    弾いて遊んだら角が欠けますw





    おはじきは『厄をはじく』に掛けた観賞用の縁起物ですので、見て楽しんでくださいね。






    個人的に思っているおはじきの楽しみ方は、友達同士で絵合せしてキャッキャしてみるというもの。





    おはじきを購入しますと、中にこのような紙が入っています。












    内容はおはじきの謂れ、テーマの説明、そしてそのテーマに沿って作られたおはじきが何なのかの答えですね。





    これを見ながら




    「あ!スキヤキはコレだね、うどんはコレだね!」




    と、言い合いっこするというもの。





    中には難問もあり、緻密なものもあって楽しいですよ。




    まぁ、どれが難問かは言いませんが(笑)







    おはじきを有難がるだけじゃなく、ツッコミを入れながら見てみるというのは実際人形師同士がやっている事ですし、買った人が評価をする事で質の向上にも繋がると思いますので結構重要な見方でもあるんですね。





    先日は僕の知人が、手の込んでいるおはじきランキングをあれこれ言いながら作っていまして、それを聞いて爆笑しました。





    ちなみに僕のスキヤキは真ん中よりちょい下くらいだったかなw












    でわ箱詰めの様子レポはまた後日、最後の一枚は驚異のおはじきタワー!












    またね。






    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    田中勇気博多人形工房では絵付け体験や人形教室を行っています、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。



    HP http://hakataningyo.boo.jp



    住所 博多区上川端町リノベーションミュージアム冷泉荘9-35A-41号室





    放生会のおはじき2016 つづき

    0


      前回の続き




      はい、では早速おはじきの型取りレポ行ってみよー




      まず放生会はじきの特殊な前提条件としては、数がハンパじゃないという事です。







      会員一人につき、ン千個の図です




      ちなみにこれは箱詰めの様子、人形師が箱に詰める所まで担当しています。







      わぁ〜軽薄!








      …ですので原型からまず元型をとり、出した生地で型自体を複製していきます。




      今回は一つの型で10コ出せる物にし、それを5セット作ります。



      そうすると生地押しの段階で一回し50、二回しで100と計算が簡単になるので、大体50回し位で終わるなと、プランが立てやすくもなりますね




      最初にするのは毎度お馴染み板状粘土つくり







      ただ今回はここに歪みがあると後の作業に支障をきたしますのでキッチリと水平にします







      キッチリ






      キッチリ







      でけた!




      この上におはじきを並べます







      石膏を流し込む時に位置がずれないよう、並べる時には少し粘土に水を含ませています




      並べたら余分な所を落とします、これが出来上がりの形になるので、手で持ち易い程度の大きさで











      できた…って8個?ん、まぁいいか



      つぎつぎ!




      石膏が流れ出ないための壁を付けます、おはじきの型は小っちゃいから薄っぺらでも大丈夫だけど、大きくなればなる程決壊の危険性が出てくるので分厚くせねばなりません








      これをー、







      くるりん〜







      パッと!




      お次は石膏を溶きます。




      ボールに水を入れて(これはお料理ブログではありません)







      泡立たないようゆーっくり石膏を入れます







      水面一杯まで入れるので最初の水の量で一度に溶く石膏の多さが決まります







      またゆーっくり混ぜ混ぜ、業界で有名な型取りの名人三宅さんによると、表面がピカッと光ったら流し込むタイミングなんだそう





      あ、光った!










      しばし松







      石膏が一度に熱を発し、それが冷めてきた頃合が外すタイミング







      んむぅー







      目に入らぬか〜




      さて、表面をさらに水平にします。







      石膏は塩分を含んでいるので鉄を使うとすぐ錆びます、このカッターの刃もちゃんと洗いますよ








      ドヤ!



      あとは中身を取り出すだけ







      ぺったんぺったん







      これを乾かしたら完成です





      ×5





      てな訳でまだまだおはじきは製作中でございます、なかなかシンドイお仕事ではあるのですが楽しみにしてくれいてる人がいる限り人形師は作り続けるので、欲しい人は夜通し並んでください 笑




      最後になりましたが今年のテーマは【和食】そして僕の担当は「スキヤキ」ですので、購入しましたというタフガイ&ガールの方は要注意してみて下さいね








      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





      田中勇気博多人形工房では絵付け体験や人形教室を行っています、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。



      HP http://hakataningyo.boo.jp



      住所 博多区上川端町リノベーションミュージアム冷泉荘9-35A-41号室

      放生会のおはじき2016について

      0


        僕の所属しています博多人形の団体で「白彫会(はくちょうかい)」というものがありまして


        http://hakata-hakuchokai.com


        その会員の大事な仕事に放生会のおはじき製作があります。




        ではまず放生会ってなぁに?という福岡ビギナーの方にコピペで説明します





        宇佐八幡、石清水八幡宮とともに日本三大八幡宮のひとつに数えられる、福岡市東区の「筥崎宮」。応神天皇・神功皇后・玉依姫命をお祀りするこのお宮は、黒田長政が建立した「石造一ノ鳥居」、千利休が寄進したという「石燈篭」など国指定重要文化財の宝庫!博多湾まで続く表参道が祇園山笠の舞台となるのはあまりにも有名!また、ここは博多三大祭りのひとつ「放生会」の会場としても知られ、毎年100万人規模のにぎわいが要注目です!





        うん、なんとなく人が一杯集まるお祭りだと認識してもらえれば大丈夫!




        その放生会で毎年売り出されるのがおはじきであり、白彫会の会員がテーマに沿って一つを担当、計30個程の個性豊かなセットが売り出され、これが毎年大人気!!




        去年のおはじきは





        こんなかんじ




        去年のテーマは九州旅巡りでしたね




        ちなみにコレ県民以外の方は目を疑うかもしれませんが、前日から夜通し並ばないと買う事が出来ない程の人気なんです…まじで







        そんじゃあ放生会はじきってどうやって作っているのさ?といいますと、製法は博多人形と同じなのです




        つまり福岡産の土を使った素焼き彩色であると、細かな技法や画材は作家によりけりで、その差が面白みなんでしょう




        次回はその中でも一番作り方に違いが生じるであろう型取りをレポします。




        今日は引きつり笑顔でさよおなら






        〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


        田中勇気博多人形工房では絵付け体験や人形教室を行っています、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

        HP http://hakataningyo.boo.jp

        住所 博多区上川端町リノベーションミュージアム冷泉荘9-35A-41号室

        | 1/1PAGES |


        【営業時間】10:00〜21:00
        【定休日】木曜日
        【住所】〒812-0026
         福岡県福岡市博多区上川端9-35
         リノベーションミュージアム
         冷泉荘 A-41号室

        ホームページはこちら