おはじき つづきのつづき

0

     

     

     

    今回ご紹介する動物おはじきは8月に福岡市動物園でワークショップを開催予定になっています。

     

     

     

     

     

    コロナの関係で変更も予想されますので詳細はまだ未定ですが、追ってお知らせしますので、ご興味のある方は是非いらっしゃって下されば嬉しいです。

     

     

     

     

    ちなみに現段階では、一回のワークショップで三種類のおはじきに絵付けをし、参加費は500円となる予定です。

     

     

     

     

     

    僕の他に二名の人形師がおはじきを製作していますのでご期待して下さいね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    動物おはじきはシロサイ、アミメキリンの二種類の生地が仕上がりましたのでここからは彩色です。

     

     

     

     

     

    まずはシロサイから

     

     

     

     

     

     

     

     

    ベースとなるグレーを全体へ、写真では分かりづらいですが表面には凹凸のテクスチャがついているので潰さない程度の濃度でベタ塗りです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    黄土色を薄く乗せて色味を落とします

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    彫りが入っている所へ黒を入れ陰影をだしていきます。この際下地が透ける程度まで絵の具を薄くして一度全体塗りした後影になる場所に二三度塗り重ねるとより自然な陰影のグラデーションになります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    目を塗ります、コツは特になし

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    余白が寂しいので適当に草原っぽい色を塗れば完成です。

     

     

     

     

     

    つづいてキリンへ参りましょう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    淡黄色のベースを塗ります、キリンはイメージほど黄色くないので白っぽい方が良いですね。

     

     

     

     

     

    鼻、耳、角などの先端を茶色でぼかしていきます、ぼかす時は透ける程度の濃度にした絵の具を幅を狭めながら重ね塗りすると簡単です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    アミメの彫りが入っている所を茶色で塗ります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    耳、鼻、口に黒で影を落とします。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    目を塗ります、ポイントはまつ毛、可愛くしましょう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    お好みで目に星を

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    余白を塗ればアミメキリンの完成です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    工房での体験、見学のお申し込みは前日までに、ホームページのお問い合わせhttp://hakataningyo.boo.jpから、又は下記よりお願い致します。

     

     

    TEL 080-1600-1042

    E-mail  ta_naka1013@yahoo.co.jp

     

     

     

    博多人形絵付け体験はサイズによりお値段が変わります。

     

    (大)2,200円 税込

    (小)1,650円 税込

     

     

     

    ご質問等あればお気軽にお問い合わせください。

     

     

     

     

    博多人形師 田中勇気

     

     


    おはじき製作 つづき

    0

       

       

      キリンに続きサイの原型も完成しました。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      福岡市動物園には去年からミナミシロサイが二頭仲間入りしています。

       

       

       

       

      福岡市動物園のサイはサービス精神旺盛なようでいつ行っても元気な姿で楽しませてくれますよ。

       

       

       

       

       

      サイはお尻が可愛いと思ったので後ろ向きの構図にしました。

       

       

       

       

       

       

       

      続いて型取り、博多人形では主に石膏で型を取ります。

       

       

       

       

       

       

       

      原型を粘土板に乗せ、動かないように押さえつけて固定しました。

       

       

       

       

       

      石膏がこぼれない為の壁を作ります。

       

       

       

       

       

       

       

       

      おはじきはサイズが小さいく、壁が崩壊するリスクが少ないので壁は薄くしてありますが、原型のサイズにより壁も頑丈にしなければならなくなる事もあります。

       

       

       

       

      石膏を流します。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      しばらく放置すると石膏が硬化し始めます。

       

       

       

       

      完全に硬化した事を確認したら壁を外していきます。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      壁を取り外しても崩れません、こう見るとお豆腐のように見えますが硬いので安心です。

       

       

       

       

       

      お豆腐の角を削り落として綺麗にしたら型の完成です。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      博多人形の素材は粘土、それも水粘土なので空気に触れていると自然乾燥し、乾燥した粘土は収縮します。

       

       

       

      石膏は水分を吸い取るので粘土は、より乾燥が速まり、収縮すると石膏と粘土の間に隙間が生じるので離型が容易なのです。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      型から抜いた人形の事を「生地」と呼んでいます。

       

       

       

       

      生地を完全に乾燥させた後、窯入れ、800°〜1000°の温度で素焼きします。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      この後は彩色に続きます。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       


       

      体験、見学のお申し込みは前日までに、ホームページのお問い合わせから、又は下記よりお願い致します。

       

       

      TEL 080-1600-1042

      E-mail  ta_naka1013@yahoo.co.jp

       

       

       

      博多人形絵付け体験はサイズによりお値段が変わります。

       

      (大)2,200円 税込

      (小)1,650円 税込

       

       

       

      ご質問等あればお気軽にお問い合わせください。

       

       

       

       

      博多人形師 田中勇気

       

       


      おはじき製作

      0

         

         

         

        今回作るのはアミメキリンのおはじき、キリンは反芻している様子が可愛らしいイメージがあったのでその表情にしようと思います。

         

         

         

         

        おはじきの製作では初めに下絵を描きます。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        いきなり余談ですが、キリンについて調べてみて意外だったのが、近年では偶蹄目という蹄が二つのウシやキリンやシカなどと鯨目を同じグループにして鯨偶蹄目と分類するのが一般的なのだそうです。

         

         

         

         

         

         

        つまり、海で生活していたご先祖様が陸に適応してウシやシカやキリンに枝分かれしたものの、一部が再び海に戻りクジラやイルカなどの海で肺呼吸する生き物になったんです。

         

         

         

         

         

         

         

        キリンと鯨が親戚なんて意外ですよね。

         

         

         

         

         

        余談おわり。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        下絵を墨でなぞります。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        それを粘土に押さえつけて転写し、針で線刻していきます。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        下絵の輪郭が支持体の粘土にはっきりと刻まれ、回りもカットしてすっりしましたので、線に沿って粘土を盛り上げてゆきます。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        盛り上げと削りを繰り返して半立体にして行きます。

         

         

         

         

        また、ここからは回転台に乗せて上下左右からヘラを当てられるようにします。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        この辺りで粘土が少し固くなって来たので手に持ちながら作業を進めました。

         

         

         

         

         

        柔らかいと作業しづらいですが一旦乾き始めると小さいだけに乾燥のスピードは速いです、乾燥し過ぎると型取りができなくなるので霧吹きを使い、水分の調整をしています。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        表面の仕上げまで終わりましたので、アミメキリンの網目を彫り込みます。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        原型が完成しました。この後型取りに続きます。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        体験、見学のお申し込みは前日までに、ホームページのお問い合わせから、又は下記よりお願い致します。

         

         

        TEL 080-1600-1042

        E-mail  ta_naka1013@yahoo.co.jp

         

         

         

        博多人形絵付け体験はサイズによりお値段が変わります。

         

        (大)2,200円 税込

        (小)1,650円 税込

         

         

         

        ご質問等あればお気軽にお問い合わせください。

         

         

         

         

        博多人形師 田中勇気


        人形つくり、いまここ

        0

           

           

          今現在制作が進行中のお人形は複数あります。

           

           

           

           

          一つ目が新作原型です。

           

           

           

           

           

           

           

           

          美人ものです、型ものにしようと考えているので中はくり抜いていません。

           

           

           

          8割くらい完成していて、細部を作り込んだら型取りなのですが最後の彫り込みに僕の場合は時間がかかってしまいます。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          一部参考資料

           

           

           

           

           

          こちらは、去年の白彫会新作展に出品した一品作。

           

           

           

           

           

           

           

          仕上がりに心残りがあったので絵の具を剥がして磨き直して、足りない所は盛り上げて削ってを繰り返しています。

           

           

           

          もう少しで艶引きに入ります。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          何の事やら分からないかと思いますが、作りかけの原型です。

           

           

           

           

          人形師あるあるを唐突にご紹介します。

           

           

          原型をある程度まで掘り進めた後このように乾燥を防ぐためビニール袋で封をした原型が溜まってしまい、気づくと袋の中で完全に乾燥する事がよくある

           

           

           

           

          人形の作業工程は様々ありますが、現状進行しているのはこのくらいです。

           

           

           

           

          これらが僕自身の納得できる仕上がりで世に出せる日が来る様に日々地道な作業に勤しんでおります。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          田中勇気博多人形工房では絵付け体験や見学の予約お申し込みを随時受け付けております。

           

          営業日は木・金・土・日 午前10:00〜12:00 午後13:00〜17:00

           

           

          博多人形絵付け体験はサイズによりお値段が変わります。

           

          (大)2,200円 税込

          (小)1,650円 税込

           

          体験、見学のお申し込みは前日までに、ホームページのお問い合わせから、又は下記よりお願い致します。

           

          TEL 080-1600-1042

          E-mail  ta_naka1013@yahoo.co.jp

           

           

           

           

           


          人形の小物、傘作り*続き

          0

             

             

             

             

            今回はとりあえず親骨、小骨を32本で制作します。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            轆轤(ロクロ)、上下のロクロがハブのような役割になります。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            一応上下出来ます、、が、今回は制作時間の都合により傘は開閉せず開いた状態で固定する事にしました。

             

            無念。

             

             

             

            しかもこの開閉機能を断念したせいで後の行程で苦労する事になりました。

             

             

             

            やはり道具というのは全てが理にかなっているので一カ所でもつまづくと全体に影響しちゃいますね

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            小骨の先端を鋭利にして中節部には切れ込みを入れます。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            親骨を挟む、本来ならここは穴を穿ち糸を通しますがこの度は角度を揃えて接着です

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            上下のロクロに差し込む、ここもやはり本来なら糸で束ねる所ですが接着します。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            頭ロクロ、手元ロクロ、親骨、小骨、中節がちゃんと糸で繋がって連動していれば”張り”という作業で間隔の調整が出来る様なのですが、固定しているので間隔がバラバラです。みっともないなあ

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            フノリを溶かして和紙を貼っていきます。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            なんとか貼れましたがめちゃくちゃ難しい、、やり直したい、、、

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            張り重ねます

             

             

             

             

             

             

             

             

            そして着色

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            お人形さんに持ってもらって完成です。

             

             

             

             

             

            僕は頭が良くないので作ってみて初めて本物の和傘の装飾的、機能的な美しさに気づく事が出来ました。

             

             

             

            和傘職人凄いですよ!言わずもがなでしょうけれども。

             

             

             

             

            絶対にミニ和傘リベンジします。悔しい。

             

             

             

             

             

            この人形は6月16日まで博多伝統工芸館に展示されています。

             

             

             

            伝統工芸士会の展示ですので様々な見応えのある人形が揃っています、是非ご来館下さい。

             

             

             

             

            博多伝統工芸館HP

             

            http://hakata-dentou-kougeikan.jp/archives/17306

             

             

             

             

             

            博多人形師 田中勇気


            人形の小物、傘作り

            0

              人形の小物に使う傘の作り方を調べて試行錯誤しています。

               

               

              竹を割ったり削ったりして細くした骨になる部材を作りました。

               

               

               

               

              親骨

               

               

               

               

               

               

              親骨と小骨の間接部を中節と呼びます

               

               

               

               

               

               

               

              親骨を小骨で挟む形の中節が和傘の特徴の一つになるようなので、正確な形には出来ませんでしたが様式として気持ち近づけました。

               

               

               

               

               

               

               

               

              持ち手になる部分は竹の節をパテで盛り上げて作っています。

               

               

               

               

               

               

               

              続く


              | 1/1PAGES |


              【営業時間】
               午前:10時〜12時
               午後:13時〜18時
              【定休日】
               月、火、水曜日
              【住所】〒812-0026
               福岡県福岡市博多区上川端9-35
               リノベーションミュージアム
               冷泉荘 A-41号室

              ホームページはこちら